So-net無料ブログ作成
検索選択

送ってもらう [Purdue]

結局ディナーは無かったんですが、最終バスに乗りそびれたので
夜バスをオフィスで待ってたら、同室の子が送ろうか?と言って
くれたので送ってもらいました。イイ子だ~(^o^)

乗ってる車はホンダアコードマニュアル車でした。9月に別の
女子学生に乗せてもらったことがあってトヨタカローラ(少々古い)
でしたが、やっぱりマニュアル車でしたっけ。
アメリカでも意外にマニュアル車って乗ってる人いるんですねぇ。

良いクルマ乗ってるねと言ったら、さすがにリースだとのこと。
だよねぇ、学生ですもん。
良い機会なので、今まで聞くヒマが無かった(彼女が忙しいんです
よ~)ことをいろいろと聞いてみました。

でもウチのアパート、車で5分もかからないのですぐ着いてしまって
あんまり聞き出せませんでしたが(;^^)ヘ..

彼女は大学からアパートまで車で30分ぐらいかかるそうです。
大変だね~と思いましたが、日本に帰ったら自分はもっと時間が
かかるんでした。。。orz。。。


もう無かった [Purdue]

昨日の宇宙服の雪像は残念ながら宇宙服の靴の部分以外は
もうありませんでした。。。orz。。。

これだけの為に大学に来たのに~と思いつつ、てくてく歩いて
いると、"ポッポー"と蒸気弁を鳴らす音が・・・

夏によく見かけた蒸気機関車型バスです。
みんなノリが良くて手を振ってくれてましたが、寒くないのかな?


朝起きると・・・ [Purdue]

外は銀世界でした。
昨日から大雪警報?が出てたので昨日は早めに帰ったのですが、
夜のうちはあんまり降ってなかったので安心してました。
午前中も降り続いてたので、午後からノンビリとオフィスへ。

ところで昨日はラボにお客さんが来るという話でしたが、天候を
理由にキャンセルになってしまったようです。
この雪を見る限り、非常に正しい判断です(;^^)ヘ..

お客さんのキャンセルはいいんですが、私の打ち合わせとか
ラボのミーティングとかもキャンセルになりました。

理由は・・・

   Timがそのお客さん達が来なくなったのが哀しいから

!!!!(゚Д゚)!!!! マ ヂ デ ス カ 

ほんとに昨日1日来ませんでした(;^^)ヘ..

実は流れっぱなしの打ち合わせ、いつになるんでしょう。。。orz。。。


南を探索II [Purdue]

さらにウロウロしていると、謎の一団が・・・。このあたりは獣医学部
に相当するエリアなのか、動物病院の建物の前でした。

さすがだなぁと近寄ってみるとホントさすがでした・・・(;^^)ヘ..

半身分は血管系なのか神経系なのかわかりませんが、何も表示
しなくても~と思います。これは猫ですが、豚、羊、犬もそんな目に
遭ってましたが、さすがに人間は普通でした。
で、もっとコワイのが馬。

大きいこともあって迫力あります(;^^)ヘ..


南を探索 [Purdue]

バスの中からちらっと見えてて気になっていた、謎のモニュメントが
何なのか、探索してきました。このあたりはPurdue Univ.でも南の
方で農学部のエリアになります。

近づいてみると更に結構デカイです。

かの有名なDNA二重らせんの論文が発表されたのが1953年
だったはずだから、それもあって"Transformation"ってタイトル
をつけたのかなぁ、あの頃の自分たちを懐かしがって・・・と勝手に
想像したりしてましたが、他にも侮れないモニュメントがありました。

つづく


Jazz Festival II [Purdue]

さすがに演奏をちゃんと聴きたいなぁと思い、更に別の会場へ
行きました。1グループに30分割り当てられているプログラムに
なっていて出演者達がやっぱり若いし、お客さんも知り合いと
いう雰囲気が漂ってます。

Big Bandが20分ぐらい演奏した後、客席から何やらオッサン
ステージに出てきて、いろいろコメントしたり実際に演奏の
指導をしたりしてます。

またまたはて?と思いプログラムを読み直すと、どうやらFestival
となっていますが、会場毎に審査員が配置されていて優秀な
演奏をしたグループは最後に表彰されたりするみたいです。
もちろんコメントしていたのは実は審査員で、演奏している若い
子達は実は高校生達だったんですね~。そりゃ若いわ(;^^)ヘ..
プロのplayerによる講習会が無料で開催されていたのも納得。

更にまた別の会場(ここもBig Bandだった)では素人が聞いても
"おおっ、いい演奏してるなぁ~"とレベルが格段に違います。
プログラムを読むと、去年表彰されていた高校の1つでした。
注目されていたのか、お客さんも多かったなぁ。審査員のコメント
や演奏指導の内容も少々レベルが高いカンジです。

プログラムの最後には、表彰式やPurdue Univ.やプロのBig
Bandの演奏もある模様でしたが、開始時刻が7時50分・・・。
土曜日の終バスは6時台でおしまいなので諦めて帰りました。


Jazz Festival [Purdue]

土曜日の午前中、いつものようにPMUに来たところ、スーツやら
ドレスを着て少々おめかしした若い子達がぞろぞろいました。
SaxとかTrombobeとか楽器を持った集団もおり、どうやら
今日はJazz Festivalがある模様です。

早速午後からあちこち探検してみました。
最初に入った会場では、プロのSax playerっぽい人が1人で
練習法がどうだったとか何やらトーク中心で進んでいます。
何でJazzなのに"methanol"なの?思っていたところに実物の
"metronome"が出てきたときのショック !!(゚Д゚)!! 
8ヶ月経ってもまだまだ英語ダメですよ。。。orz。。。
そもそも間違い方がおかしいし、文脈で気付こうよ(;^^)ヘ..

気を取り直して別の会場に入ったところ、そこではDrumとBass
のプロがいて、会場から若い子達を募っていろいろとリズムセッション
をやらせてます。

はて?と思い途中で手に入れたプログラムを読むと、いわゆる
無料講習会が開かれていて、先程のSaxとここのリズムセッション
は今回のFesitivalでもメインの2人によるものらしいことが判明。

この部屋では、Jazzのいろんなリズムを会場から募った子による
Drum、Bass、Pianoなどを順次組み合わせて行き、観客も拍手
とかしまいには踊らされて参加します。

若い子が中心のせいか、これからボサノバのリズムをやるから
といってステージに上がった子達に
"ボサノバってどこの国のリズムか知ってるか?"
とプロのオッサンに聞かれても
"(雰囲気から察するとボサノバ自体を)知らない"
と答える子がいてびっくり。知らないのに手を挙げたんかいっ!

でも教え方というかノセ方が上手いので、結構サマになっている
のには感心しました。


自販機との戦い [Purdue]

建物内に、自販機数台とソファーテーブルもある休憩用っぽい
スペースがあります。自販機は飲み物用が3台、スナック系が2台
の計5台が設置されています。
たまに水とかオレンジジュースを買うのですが、1台でしか買えません。
残り2台はコーラとかスプライトとかスポーツドリンク系ばかりです。
しかし唯一の水が買える自販機に少々問題があります。

 た ま に 出 て き ま せ ん。

どうやら途中で引っかかっているようで、同じモノをもう1本買うと
衝撃で2本とも出てきます。
今日も少々不安を覚えつつ1ドル紙幣を入れて水を買ったところ

 案 の 定 で て き ま せ ん。

しょうがないな~、もう1本買うかぁ~と財布をのぞいたところ、
20ドル紙幣しかありません。。。orz。。。
あたりを少々見回した後、控え目に自販機に蹴りを入れてみましたが
ウンともスンともいいません。
妹が9月にアメリカに遊びに来たときにどこでだったか同じ目に遭い、
見ず知らずのにーちゃんが蹴りを入れたら出てきたと言っていたので
試してみたのですが、やはりダメでした。控え目すぎたか?

小銭を確認しても1ドルには足りないなぁ・・・と思っていたところ
オフィスの机に小銭があったことを思い出し、ダッシュで取って
来て、5セント硬貨や10セント硬貨をかきあつめてなんとか1ドル投入。

ポチッと同じボタンを押したところ、
"ごとんっ"
と少々大きな音と共に2本出てきました。

勝った~、勝ったよ~(T^T)

・・・ホントに勝ったのか?これ?


textbook [Purdue]

こっちでは学期が終わると必要ない教科書を売り払い、新学期が
始まるとまた購入、という教科書のリユース(笑)が発達してます。

年末に大学内の本屋に行ったら、Fall semesterが終わった
こともあり買い取り専用になってました。
Wisconsin Univ.では買い取りコーナーもあったけど買えたのに~
と思いつつ、学期が始まるのを待ってました。

1週間ほど遅れて行ってみるとさすがに学生もまばらになってます。

思ったほど新品とusedの値段の差はなくて、だいたい8割掛け
くらいの設定になっています。
Wisconsin Univ.の方が品揃え充実していたな~とかバチ当たり
なことを考えつつ、キレイめなusedを2冊購入。
もう2冊くらい買いたい本があったのですが、usedが無くて新品
のみだったのと、少々サイズがデカイ・・・。

ホントはこっちにいる間にもっと教科書とかいろいろ買うつもりでした。
しかし専門書レベルはあんまし置いてなくて、結局Amazonに注文
しないと手に入らない模様。
しかも日本に持って帰るための送料を考えると、わざわざこっちで
購入しないでAmazonで買って日本に直接送った方が安上がりかも
とか考えてしまい、結局ほとんど買ってません。
書籍部?は日本の方が楽しかったな~(;^^)ヘ..

それにしてもusedでそんなに厚い(笑)本じゃないのに、100ドル
ちょっとは高い気がするなぁ・・・。


ルームシェアII [Purdue]

12月に訪問した某大学&某研究所では、
・鍵がかかる部屋だが数人のポスドク達が一緒で自分のスペース
はホントに机のみ
・大きな部屋でパーテーションで仕切られたスペースを利用
という感じでした。

それに引き換え同じような立場なのに、机も椅子も木製だとか
あるべき場所にない本棚とか壁に謎の落書きとか、設備の点では
少々劣るものの鍵のかかる個室があるというのは非常に快適でした。

10月からブラジル人のポスドク(女性)とシェアとの話もあったの
ですが、いつの間にか彼女は隣室を使うことになってました。

これで帰国まで1人で気楽にオフィスが使える~、ラッキ~と
安心していたのですが、そうは問屋が卸しませんでした(ちっ)。

今週から大学院生(女性)とシェアすることになりました。
話を聞くと、実験で8週間滞在するとのこと。

もともと部屋中に荷物を置いてたワケではないので、特に片付け
の必要も無く、空いてる机と本棚を使って貰うことになりました。
これからは貴重品の管理に少々気をつけないとなぁ・・・。

さようなら、気楽な日々・・・(/_;)


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。